脇黒ずみの原因を詳しく解説

脇黒ずみ,解消,治す方法

女性にとって、脇黒ずみはとても気になる問題です。

 

長袖を着ていると、脇は隠れているので日頃意識することはありませんが、お風呂に入る前など鏡で見て愕然としたという人は意外と多いものです。

 

一度気が付くと気になってしまい、ノースリーブや水着を着るのに抵抗を感じてしまう人もいます。

 

脇黒ずみは、ある日突然起こるものではありません。
その原因は、

  • 衣服の擦れや、
  • 脇のムダ毛処理のカミソリ
  • 消臭スプレー

といった、普段の行動から起こります。

どうすればいいの?
脇が擦れないように

衣服が擦れてしまうのは仕方ないと思いがちですが、家にいる時はゆったりとした服を着て、脇が擦れないようにするといった工夫が必要です。

 

脇の皮膚は他の部位より薄く繊細なため、刺激からお肌を守るためにメラニン色素を分泌することが黒ずみの原因です。
黒いのを汚れと勘違いして、お風呂でゴシゴシ擦ってしまう人がいますが、それは逆効果です。
擦る刺激により黒ずみが悪化してしまうからです。

 

ムダ毛処理は

ムダ毛の処理も毎日のように行うと継続的な刺激で悪化してしまいます。気になるようであれば、脱毛をするというのも一つの手段です。

 

消臭スプレーした後に

消臭スプレーはお肌に残ってしまうことがあるので、入浴の際はきちんと落とすようにしましょう。


脇黒ずみを解消するための方法

脇黒ずみがあると、ノースリーブをきれいに着こなすことができません。

 

脇黒ずみはいつのまにか黒くなっているような気がしますが、きちんとした理由があります。
それは、服の摩擦やムダ毛の処理のためのカミソリ、スプレーといった刺激からお肌を守るためにメラニン色素を分泌するからです。

 

脇の皮膚は薄いため、刺激を受けやすく、一度黒ずんでしまうと、日頃の生活を見直さなければ、自然に治ることはありません。

 

入浴時後に保湿

脇黒ずみを解消するには、まずお肌の状態をよくしなければいけません。
保湿を心掛けて、うるおいを与えましょう。保湿をするのは、入浴を終えた清潔なお肌にしましょう。

 

刺激を与えないこと

ただし、黒ずみが気になるからといって、お風呂でゴシゴシ擦るのはよくありません。
擦るのが刺激となって、ますます黒ずみが悪化してしまいます。
保湿剤を塗るときも、力を入れずにやさしく行います。

 

美白成分配合の保湿剤

そして、黒ずみを改善するために大切なのが、美白成分の入った保湿剤を使うということです。
シミなどもメラニンによって作られてしまうため、顔をコスメがそのまま使うことができます。
敏感な部位なので、初めて使うときはいきなり塗るのではなく、少量塗ってお肌に異常がでないか確認してからにしましょう。

気になる脇黒ずみを自分で治す方法

ノースリーブを着たいのに脇黒ずみが気になって着ることができなかったことありませんか?
プールやジム、スポーツや旅行の時に脇黒ずみのために恥ずかしい思いをしたりしている人も少なくありません。

 

黒ずみを治したいときには、美容クリニックに行ったり、エステサロンに行ったりする場合もありますが、
まずは、自分で治す方法を試してみることがおすすめです。

 

こつこつとセルフケアを継続することで、脇黒ずみが気にならないなめらかな肌になることもあるので、まずは自分でお手入れを始めることが大切です。

自分でできる簡単ケア
脇黒ずみの原因はメラニン色素です。

 

メラニン色素と聞くと、日焼けした時に肌の色が黒くなることを思い浮かべる人が多いと思いますが、
肌は刺激を受けると、自分を守るためにメラニン色素を放出するため、色が黒くなるという仕組みになっています。

 

ムダ毛を剃ったり、下着が当たったりすることで肌が黒くなるなっている場合は、刺激と肌荒れが原因のことが多いのです。
それによって肌のバリア機能が低下していることが考えられます。

 

脇黒ずみを治すためには、しっとりとした感触で、肌の角質層を潤す保湿力がある専用のクリームをたっぷりと塗ることがおすすめです。
保湿することで肌のバリア機能が回復し、黒ずみが気にならなくなることが期待できます。

美容皮膚科のレーザー治療で脇黒ずみを治す方法

脇黒ずみ,解消,治す方法

脇黒ずみが起こる原因の多くは、ムダ毛処理による皮膚ダメージです。
脇毛をカミソリなどで繰り返して処理すると、皮膚ダメージが蓄積され
メラニン色素が作られます。

 

ダメージを受けた皮膚はターンオーバーが乱れているので
色素沈着がしやすくなり、黒ずみが目立つようになります。
脇の皮膚はデリケートなので、丁寧にケアを行う必要があります。

 

レーザー治療で黒ずみ改善!

 

早くきれいに治す方法を探しているなら、美容皮膚科で治療してもらうのがベストです。
美容皮膚科では、色素沈着への治療は主にレーザーを用いて治療します。

 

レーザーは周りの皮膚組織にダメージを与えることなく、メラニン色素を狙うことができます。
レーザーを照射したメラニンは、ターンオーバーと共に排出されるか吸収分解され、黒ずみが改善されます。

 

そして、ハイドロキノンやトレチノインのクリームやビタミンC、ビタミンE、トラネキサム酸などの内服薬を処方してもらうと良いです。。
自宅でもケアを行うことで早く改善することが期待できます。

 

 

[脇黒ずみを解消したいなら]関連情報